悪夢のお話

時折、わたしは悪夢をみる。
今朝方6時前にもみた。

胸がざわつく。
話したい。でも話せない。

相手は幸せでいるんだろうか。わたしは幸せなんだろうか。
これでいいんだろうか。
相手は大きなお世話と、言われるのがオチでそれでいいんだろうけど。
わたしは不完全燃焼のまま一生を終えるのか。それが宿命なのか。

明け方みた夢は正夢になるという。
汗ぐっしょりかいて自分の大きな寝言(叫び声)で目覚めた。
その言葉は今もはっきり覚えている。
その言葉の真意は自分でも正直、わからない。


わからない。
[PR]
# by 001_Thief | 2009-11-16 05:51 | @其の他
横浜・鶴見の総持寺へ
母と妹と連れ立って、初めてのおつかいならぬ、初めての総持寺へ。

鶴見駅に降り立つとなんか空気がガスっててもやもやした雑踏感だったのに
一歩、寺院に入るとまるで別世界のように空気が澄んでいて森林浴気分。

お線香の香りもほどよく満ちたたりたひとときをすごせた。

初対面のあるお方とも初めてお会いした気がしないような
そんな縁を感じつつ
手を合わせた。

合掌。


ありがとうございました。
本日はとても意義のあるいちにちをすごせましたmm
[PR]
# by 001_Thief | 2009-11-10 00:31 | @現在
2009/11/1は区切りでもあり、リスタートな一日で終わった


なななんと!
今朝4:30だ。ふいに思い立って小田原駅まで行き、新幹線に乗り、静岡に上陸。
実に16年ぶり。
妹とも16年ぶりの再会をし、パルシェの前で月9かよ?!とばかりの涙の抱擁&ハグ。

若い頃には照れてできなかったことが
女46にもなると後がないせいなのか、なんでもできちゃう、そんなかんじ。


まずは妹とJRで清水駅に上陸。
実家にいきなり行き、父と後妻さんにあいさつを。そして仏壇に手を合わせ早早に退散。
でもあんな嫌いだった父の手を自然と握れた。
指先がつめたくて歳、とったんだな、って泣けた。

妹と駅裏を散歩しつつ、偶然にも昔の男の話になり
なんと彼女もひそかにその男性に恋心を抱いていた、ということが判明しw
なんとも清水の夜の街界隈は狭い世界である。

で、大胆にも
むろん昼間で閉まってることを想定の上で、その場にふたりで立つ。
ドアのノブをさわったりしてきちゃった(苦笑)
妹は猫にツナサンドで餌付けしちゃってるし(笑笑
「あ、おねーちゃん、ここ空き店舗だよ、わたしやりたいよぉ」と言い出す始末。(泣笑)
林家パー子の如くふたりではしゃぎつつ写メを撮り
静鉄電車で古庄まで行き、母の新居を突然の訪問。

「あんた!今はまだ免疫力がないんだから電車なんかに乗ってここまで来ちゃダメじゃないのよ」
と怒りつつも笑顔。
妹の次女(姪)とも初対面。

帰りは妹の勤務先の魚屋でのどぐろの干物をご購入。
昼間はお空ピーカンだったのになぜかふたりして駅前銀座の終わりのあたりの傘屋で
12本張りの和風な色違いの傘を購入。

すると夕方にはすっかり雨・・・

なんでだったんだろ。不思議。




しかもたった今、その男性の店の携帯にそんなことを話しに電話してしまった大胆な女46歳。
薫ちゃん、と呼んでいただけてうれしゅうございました。
わたしは普通じゃないのかもしれないけど
貴方もじゅうぶん普通じゃないとおもうんで(苦笑)
なんとなく、このきもちはこのまま一生、持ち続けて行っても許されるような気が
勝手にしている、そんなわたしでした。

でも夜まで清水に居たら、魔が刺したかもしれないし。。。
で、相手にもされずに凹んで鬱になって顔面に縦線3本ばかりザーざーっと流れてたかもだし。
今日は今日でよかったとおもうことにする。
我、足ることを知る、だよな・・・



疲れたし。
寝る!っ。

a0033640_2323718.jpg

a0033640_2521462.jpg

a0033640_2493897.jpg
a0033640_2495447.jpg


a0033640_371957.jpg

[PR]
# by 001_Thief | 2009-11-02 02:32 | @現在
誠の意味での棚卸し

こちらのサイトに訪れてきてくださる方々にわたし、
ほんとうのほんとうの今現在のわたしの等身大blogをお知らせしようと決意しました。

■わたしの肉親が唯一、携帯より閲覧しているmyblog ←HNは、イズムです。
(主義、という意味です、サイト名は0-イズム)


肉親というのは、しぞーかで再婚した実母と五歳違いの妹、そして母方の叔母ぐらいです。
実父も再婚はしたようですが、そして今もってわたしが生まれ育った清水に暮らしているようですが
連絡はしたものの、やはり母と娘の関係性とは異なり
又、実父の再婚相手の女性への精神的な刺激も鑑みると
今は未だ、こちらから積極的なモーションはかけずとも、居場所だけは明らかにし
なにより戸籍を回復させたかったので、知らせては有りますが
むろん、携帯でネット、などする年代の人ではありませんので(80歳かな?)
ないしょにしたままです。

他には一切お知らせしてません。が、ネットたる世界、
検索サイトなどであっちこっちに載っかかってきちゃうせいか
ここんとこそのサイトまでもがアクセス数伸びてきて
物書きのわたし的にはありがたいことではあるんだけど
妹以外の肉親にはこのわたしが芸能関係だの物書きだの、ということを知ると
ナーバスになってしまう昔かたぎの人たちなのでオフレコにしてあります。

ただ、ここで日々かいていることは、
今年一月の初めにわたしが居所を親に知らせて以降、
auのファミ割携帯を母と妹にそれぞれ持たせたのと同時に
いまのわたしにできる唯一の親孝行です。←いつでも無料通話できるし。
なんか間違った感覚かもしれませんが・・・。  

携帯からネットなんて、69の母にとっては人生の中で画期的な出来事だったことでしょう。(笑)
さいきんでは絵文字入りのmailまで送信してくるほど上達しました。(おかげさまでmm)

そして、
昨今では、妹づてに耳にしたのか、
「あんたのブログっていうののURLおせーてよ」とまで云ってくるようになりまして・・(苦笑)


ほんとはね・・・

わたしが全快してから知らせるべきだったと今ではそうおもう。
「病」ということで心配かけちゃってるし。
でもわたし自身、なんとなく妙な自信が持てたのよね。
ふいに潮が引くみたいな感情が湧いてきて、気づいたら電話してた。

わたしは死なない。
まだまだ死ねない。
やらねばならないことが多すぎる。
謝罪とざんげの日々・・・。

けれど誠にもうしわけないけど
お隣さんや、ここで、イーヂーyugami としてこのわたしを認知してくださってる方々には
能天気なところもあるわたし、というのも
スケベでどーしよーもない女であるわたし、というのも、
悪態ついて嫌われ者であるわたし、というのも

そういうものぜーんぶがこのわたしなんです。

だから「イズム」という名でblog書いてることを本日こちらにだけは発表しようとおもいました。

病が全快したら、
ま、そのときの様子しだいだろーけど(苦笑)
母にもわたしが イーヂーyugami だということを。
そしてこんな今は家でもできる仕事に恵まれているのよ、ってことを
そっと伝えたい。

昔ながらの日本人的な母や叔母たちだからひっくり返って驚いて
心筋梗塞かなんかで逝かれても困るんでw
今はオフレコです。
■そのぬくもりに用がある内で、もろもろ書いてることも
ライターしていることも、
舞台関係の仕事も体の許す限りはしていることも、母にはないしょです。
「とにかく家でじっと寝てなさい、さもなくばしぞーかに戻ってきて入院しなさい」という母ですから。
でもわたしにはここですでに16年という歳月の中で培った
わたしなりの些細なこだわり生活があります。
相方もいます。(それは母も知ってます)
だから、ずるいようだけど今は双方、わたしの中でうまく調和させつつ自己を形成して生きていきたいの。
それが本音です。



そこんとこよろしくですmm

そうです。
わたしは「イズム」という名ももっています。
本日ここに表明します。

by. イーヂーyugami@薫@イズム
[PR]
# by 001_Thief | 2009-10-25 05:02 | @現在