カテゴリ:@妹との関係( 2 )
ふと思い出した妹のこと



わたしには5つ違いの妹がいる。
元気ですごしているだろうか。
目が悪いときいていたがその後、どうだろうか。

彼女と分かち合えるまでいろいろ深く話しておきたかった。
あのころはできなかったけど、今なら・・・。
[PR]
by 001_Thief | 2006-03-22 17:17 | @妹との関係
暴力姉だったわたし・・
わたしには5つ年下の妹がいます。
女ふたりの姉妹です。

母が妹を妊娠している当時の記憶は全くありません。
しかしながら彼女が生まれてきてからの記憶は鮮明に残っています。


始めは隠れた所で、まだ赤ん坊だった妹をつねったりぶったりしていました。
そのうち妹も、歩いて片言ででも喋るようになると
「おねーちゃんにぶたれた」

などと、親に告げ口をするようになりました。

父はわたしを激しくぶちました。
「●子は、反撃ができないまだ子供なんだから、これは●子の痛みだ!」

そう言ってわたしを何度もぶちました。
そうなると余計に妹の存在が憎くてしょうがなくなり、
当時7歳ぐらいだったわたしですが
本気で、
妹なんか死んでいなくなってしまえばいいのに・・、と思っていました。




母はまた一種、違っていました。
わたしの顔は、父親似なんです。
そして妹は母親似。

それを事あるごとに何度も言われました。
特に、母方の実家や親戚の集まりの際に、
「この子は父親似だから、●●●家の血が濃いんだよ」

と、わたしのことを言い、
その場にはいない、父(母にとっては旦那)や舅、姑、小姑たちから
ああもされた、こんなこともされた、
まぁ、今に思えば
実家に戻っての嫁ぎ先の愚痴なんでしょうが、とめどなく喋っていました。

父と母が夫婦喧嘩をしていた時、
わたしは階段の下でその一部始終を聞いていました。

「●子(妹)はわたしが連れて行くけど、●●(わたしのこと)は●●●家の長女だから
この家に置いていく」



そう、母の声で耳に届いた時には、目の前に「死の河」が流れました。

見捨てられる、という焦りから
いい子でいなくちゃいけない、というきもち。

いい子になりきれないのなら
邪魔者を消すしかないんだ、という恐ろしく単純かつ、冷えた思考。



7歳のわたしは既に、冷えていました。







今日、なんでこんなことを書いたかな、と自分で思うに・・・
わたしは人との関係を、うまくやりたい、と思うが余り
遣り方を間違えてしまったり
自分を押し殺してしまったりする傾向があるのかな、と、そんなことをふと
考えちゃったからかな・・・


昨夜は相変わらず眠れず
今朝は旦那の出勤後もそのまま起きており
睡眠不足で、脳に酸素が通っていないのか、精神、テンパッてますね・・・とほほほ
[PR]
by 001_Thief | 2004-09-02 14:21 | @妹との関係