<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
嫌な夢をみました



大勢の人々に囲まれつつ、わたしは未だ逃げ場を探していた。
もう逃げるだけの体力も電車賃もないのに・・・。

わたしを取り囲んでいた人たちの中には、親戚の叔父や叔母、いとこたちの顔もあった。
けれどその誰一人、わたしに手を差し伸べてくれる人はいない。


すっ裸にされてバケツの汚水を浴びせられたわたしは、何かを乞うような目をしていたのか、
更に激しくののしられボロボロの雑巾以下の存在になった。





ひざこぞうの裏側にまで滴り落ちるほどの嫌な汗をかいて目覚めたそんな朝。
全てが嫌になった。
みた夢の断片が、過去に起きた出来事と類似していて、
パズルを合わせるかのように夢の反芻をしてしまう。

忘れたいのに!
そう思えど、無意識に脳で反芻している自分にいらつく。




父にも母にも妹にも、親戚にもつまはじきされるだけのことをしてきたのだから。
死んだ祖母に会いたい・・・

逃げ場がほしい。
[PR]
by 001_Thief | 2006-06-25 10:07 | @親戚との関係
最も嫌なタイプの男が父


「お父さんみたいな人と結婚したい~」と言える娘がうらやましい。

父のような男とだけはいっしょになりたくない、と物心ついたころから嫌悪感をもっていた。



かつて不倫の関係だった彼にわたしはなぜか嘘を吐いていた。
父親のことが大好きだと。
父親を超えるような男はいないと。
わたしはファザコンなのよと。


当時の彼には幼稚園児の娘がいた。
娘を「目の中に入れてしまう」と豪語していた男だった。
うらやましくてねたましかった。


その後、彼と別れた後なのに
ネットで使うハンドルネームにわたしは彼の娘の名をチョイスした。
その名でネッ友たちから呼ばれるうちに
現実や虚実なんてもうどうでもよくなっていた。


父が嫌い。
好きになりたかった。
尊敬できない。
尊敬したかった。


なのに今、「尊敬する人は?」と訊かれると「父」と応える嘘吐きなわたし。

矛盾と混沌でしんどい。
[PR]
by 001_Thief | 2006-06-22 11:53 | @父との関係
叔母たちとの関係



父方の叔母、母方の叔母共に、なにげに距離を感じていたかつて。
父方の叔母については我が母にとっては小姑なわけで・・・我が祖母にとっては実の娘なわけで。

そんな他人をある日突然、親族と呼ぶのだから結婚という制度は妙なわけだ。

父と母は9つの年齢差があった。
父の妹とはいえ、母より年上なわけで、
義妹が年上、という母の立場が幼い頃のわたしにはあまりよく理解できなかったのだが
げんざい、わたしの同居人の妹2人はわたしよりも年上。
何の因果か、わたしも同じ立場。
しかも同居人とは9歳差。


同居人とわたしの間には子供がない。
けれど、同居人の妹夫婦の間には子沢山。
長男である同居人。
立場としたら、肩身が狭い。

年下の兄嫁として、甥や姪に媚びへつらう。こづかいをやったり祝いをしてやったり、
その出費たるもの、年間けっこうな額になる。
だからといって、うちに子がないからと、お返しは一切無し。
なんだか損な気分・・・。


でもそんなことを口にはできない。
うちは子がないから余計な金が掛からんだろうと、何かの折の財布代わりにされるわけで。
同居人は我が妹達が言うことゆえに、甘い。
おのずとそれに従わざるを得ないわたし。


いつの時代も、親戚関係は苦労。
そんなことは皆無の世界で生きてみたいものである。
[PR]
by 001_Thief | 2006-06-07 10:10 | @親戚との関係